もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

news4239866_50

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1617704571/

1: スタス ★ 2021/04/06(火) 19:22:51.66 ID:W4ioRO7L9
国際水泳連盟がオリンピック最終予選3大会の中止決定

 国際水泳連盟(FINA)は6日、東京五輪最終予選兼テストイベントの飛び込みW杯(18~23日、東京アクアティクスセンター)、アーティスティックスイミング予選大会(5月1~4日、同)、マラソンスイミング予選大会(5月29~30日、福岡)の3大会を中止にすることを正式に発表した。

 今月に入り、FINAは日本政府に対して「大会の成功および公平な運営を保証するための必要な措置を取らなかった」と文書で批判。すでに中止を各国水泳連盟に通達していたが、この日に正式発表した。関係者によると、日本側がコロナ対策の費用負担をFINAに求めたことも中止決定の要因となったようだ。

 この日は北朝鮮が新型コロナウイルス感染症を理由に東京大会に参加しない意向を表明。本番まで残り4か月を切り、五輪ロードはまたも雲行きが

https://news.yahoo.co.jp/articles/b126bb883d00ba826d1859933ec7a0a6d8b1de24

【国際水泳連盟、東京五輪予選大会を中止 「日本政府が大会の成功、公平な運営への必要な措置を取らなかった」】の続きを読む

845682db

1: 雷 ★ 2021/04/02(金) 20:35:58.77 ID:x/VcfuUi9
73億円かかるオリパラアプリ 海外客来なくて見直しへ
座小田英史、酒井祥宏
2021/4/2 8:00 会員記事
オリパラアプリの調達仕様書には海外観客の利用者は約80万人と想定されている

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックに向け国が開発しているアプリ(オリパラアプリ)のあり方が問われている。海外観客の健康管理のためのもので、民間企業への開発・運営委託費は約73億円に上る。コロナ禍で海外観客の受け入れ断念で、アプリの見直しや予算の圧縮を検討しているが、具体策は決まっていない。


 開発・運営の民間委託をめぐり、入札の公示日が昨年12月28日で資料の提出期限が1月8日だったことについて、期間が短すぎるとの指摘もある。
 平井卓也デジタル改革相は3月23日の会見で、「システム仕様、運用方針を見直して、不要となる部分の削減ができないか精査する作業に着手している。委託先との契約変更により、予算の圧縮を図ることを含め、確実な開発をやっていきたい」とした。
 予算の圧縮規模について平井氏は予断を持って言えないとしつつ、「コールセンターや多言語対応などいくつか楽になる部分があるので、減るのではないかと想像している」という。
 コロナ禍のなか海外観客らは隔離期間が必要となるため、来日してもすぐに観戦できない恐れがあった。内閣官房IT総合戦略室では、健康管理アプリを利用してもらうことで、隔離が不要になることをめざしていた。
 開発・運営の委託費は約73億円だ。国内向けの感染者接触通知アプリ「COCOA(ココア)」の委託費約3億9千万円と比べ高額だ。国会でも野党側は高すぎると批判している。

(略)
https://www.asahi.com/articles/ASP307JK7P3RULFA02V.html

【【五輪】東京オリンピックアプリの開発費73億円、無駄に (COCOAは3.9億円)】の続きを読む

15rk11

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617133570/

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/03/31(水) 04:46:10.22 ID:CAP_USER9 BE:967837166-2BP(0)
3/31(水) 4:00配信
スポーツ報知

植草歩

 空手の東京五輪女子組手61キロ超級代表の植草歩(28)=JAL=が、全日本空手道連盟の選手強化委員長・香川政夫氏(65)からパワハラを受けたと訴えている問題で、竹刀で顔面を突く危険な練習が、医師から見直しするように指導があったにも関わらず続行されていたことが30日、関係者の話で明らかになった。

 竹刀を突きや蹴りなどに見立て、防具なしで受ける練習は昨年12月下旬から行われていたが、植草とは別の女子選手も、導入直後に竹刀が当たって目を負傷。植草も同様に1月下旬に同様に負傷した。立て続けに負傷者が出たことで、ともに診察にあたった医師が、全日本のスタッフを通じ、緩衝材をつけるなど、指導方法の見直しや工夫をするよう指導陣にも勧告。しかし、竹刀稽古は結局2月いっぱいまで続き、内容も改善される様子はなかったという。

 植草は28日に自身のブログでパワハラの詳細についてつづった。その中では自身もナショナルチームのコーチを通じ、練習の中止、改善を香川氏に訴えたが、「その恐怖心があるから強くなれないんや」と、取り合ってもらえなかったとしている。弟子の訴えだけでなく、危険性を案じた医師からの意見もスルーされていた実態が明らかとなった。

 31日には連盟が倫理委員会を開き、植草、香川氏の2人から詳細な事情聴取をする方針だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d749679888c1748ad473d0edca754e17188f6675

【空手パワハラ問題…医師の“是正勧告”後も竹刀稽古は続いていた】の続きを読む

このページのトップヘ