もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

2020年04月

FCC_pct

1: さかい ★ 2020/04/24(金) 17:54:00.14 ID:DqyUEfSd9 BE:656475691-2BP(1000)
カプセルホテルを全国展開する「ファーストキャビン」とその関連会社4社が4月24日、東京地裁に破産手続き開始の申し立てを行ったことが、関係者への取材でわかりました。

 ファーストキャビンは2006年に創業し、高級感をコンセプトにしたカプセルホテルを全国で26店舗展開。男性客だけでなく女性客からも人気を集めていました。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて外国人観光客が激減し、今年3月以降、客室の稼働率が20%以下に落ち込んでいました。4月上旬からはほとんどのホテルが休業していて、資金繰りの見通しが立たなくなったということです。

関係者によりますと、従業員とアルバイト合わせて約400人が、4月24日付けで解雇されたということです。

 新型コロナウイルスの感染拡大はホテル業界にも大きな打撃を与えています。


全文はソースで
https://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20200424/GE00032730.shtml

【カプセルホテル「ファーストキャビン」が破産申請…コロナ感染拡大で客足激減】の続きを読む

100thum17

17日目

100dowdh17


89ydhd93
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1587692389/

1: 少考さん ★ 2020/04/24(金) 10:39:49.22 ID:NS3WNg3t9
実在しない「岡江久美子の息子」を名乗る悪質動画 YouTubeに複数投稿される 訃報に便乗(岡田有花)
https://news.yahoo.co.jp/byline/okadayuka/20200424-00174982/

4/24(金) 10:32

 俳優の岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎で死去されました。
63歳でした。朝の情報番組「はなまるマーケット」の司会などで親しまれていた女優の突然の訃報に、
驚きや悲しみの声が広がっています。

 一方で、この訃報に便乗した悪質な動画がYouTubeで複数公開されており、
ネットユーザーから批判を浴びています。

 その動画とは、「岡江久美子の息子」を名乗り、岡江さんをまるで自分の母のようにかたり、
亡くなったことを報告したり、母の思い出をかたる――という内容です。
岡江さんには息子がいないため、これらの「岡江久美子の息子」はすべて偽物だと考えられます。

■「岡江久美子の息子」を名乗る動画の数々
このような動画は、少なくとも4人の別々の男性YouTuberが投稿しています。

 話題のニュースについての動画は閲覧数が高まる傾向にあるため、
こういった動画を投稿することで、再生数を上げて広告収入を上げたり、
自分のYouTubeチャンネルへのアクセスを増やしたりすることが目的だと思われます。
Twitterなどでは、このような悪質な動画について「不快」「腹が立つ」などと批判が集まっています。

 ちなみにYouTubeには、問題がある動画について運営側に報告する仕組みがあります。
動画の右下に出る「…」ボタンを押し、表示される「報告」から、
問題の内容を選んで報告することができます。
運営側は、問題があると判断すれば動画を削除したり、投稿したアカウントを停止する――
といった措置を採ります。

MkN610h

【【ユーチューバー】実在しない「岡江久美子の息子」を名乗る悪質動画 YouTubeに複数投稿される 訃報に便乗】の続きを読む

100thum16

16日目


100gforoiffo16

20200420-00010000-medicald-000-1-view

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1587556756/

1: さかい ★ 2020/04/22(水) 20:59:16.28 ID:2bRWbno29 BE:656475691-2BP(1000)
新型コロナウイルスに感染し、軽症だとして自宅待機中だった埼玉県白岡市の50代の男性が死亡したことが、関係者への取材でわかりました。
埼玉県内では、病床がひっ迫していることなどから、感染が確認された人の半数以上にあたる370人が自宅での待機を余儀なくされています。

複数の関係者によりますと、死亡したのは白岡市に住む50代の会社員の男性です。
男性は今月11日に発熱や味覚障害などを訴え、今月16日に感染が確認されましたが、軽症だとして入院できる病床が空くのを自宅で待っていたということです。
男性の父親が連絡が取れないことから、21日午前9時すぎ男性の自宅を訪ねたところ倒れているのを見つけ、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。
埼玉県内では、病床がひっ迫していることなどから、20日までに感染が確認された676人のうち、半数以上の370人が自宅での待機を余儀なくされています。

全文はソースで
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200422/1000047851.html

【【埼玉】コロナ感染確認も、病床がなく自宅待機を強いられていた50代会社員男性が死亡】の続きを読む

このページのトップヘ