もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

事件・事故

20191225-113342-1-0001

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604210392

1: ウラヌス ★ 2020/11/01(日) 14:59:52.57 ID:IpA2v3f/9
 「金をぶつけてほしい」との指示、うそによる資金調達、そして証拠隠滅――。収賄罪で起訴されて保釈中だった衆院議員・秋元司被告(49)が贈賄側に虚偽の証言を迫ったとされる事件で、東京地検が公判で主張予定の内容が明らかになった。秋元議員は証人買収への関与を否定しているが、地検は実行役の協力者らの供述などから、秋元議員が主導したとみている。

 秋元議員は、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を舞台にした汚職事件で2月までに起訴された。収賄罪を否認したが、贈賄側とされる中国企業の元顧問2人は現金提供を認めていた。この元顧問2人に対し、計3500万円の報酬を示して裁判で虚偽証言をするよう依頼したというのが証人買収事件だ。

https://www.asahi.com/articles/ASNB06QWHNB0UTIL00F.html
秋元議員「絶対金で転ぶ」と買収指示? 検察の主張判明
有料会員記事 2020年11月1日 5時00分

【【統合型リゾート(IR)汚職事件】秋元議員「絶対金で転ぶ」と買収指示? 検察の主張判明】の続きを読む

80yy0f0wf

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600417648/

1: 記憶たどり。 ★ 2020/09/18(金) 17:27:28.11 ID:oCeQrvUf9
https://news.yahoo.co.jp/articles/997d706e585d6dad56d7906b7f6a399bde3ea064

全国の約1万人から約2100億円もの資金を集めた末に破綻した「ジャパンライフ」を率いた元会長、
山口隆祥容疑者(78)らが18日、警視庁などに詐欺容疑で逮捕された。
商品を購入すると配当がもらえるというセールストークを信じて老後の蓄えを投じたお年寄りは今、
「なぜ信じてしまったのか」と悔やみきれない生活を送っている。

「安倍晋三前首相や大臣が広告塔になっていたので信用してしまった。わずか1年半で老後の蓄えや孫の教育資金を奪われ、カモにされた」。
2017年12月の経営破綻までの1年半で全財産の約8000万円をジャパンライフに投じた神奈川県の女性(79)はうなだれる。

女性が同社に関心を持つようになったのは16年春ごろ。息子の同級生の母親と偶然再会した際、
約25年前に息子が病死した話題になった。「ジャパンライフの磁気布団を使っていたら大丈夫なのに」と言われ、
当初は相手にしないつもりだったが、自宅に押しかけてきたジャパンライフ社員にセミナーに誘われた。

セミナーでは、多数の社員に囲まれ「郵便局や銀行が潰れる時代。ジャパンライフだけ生き残る」
「年6%の高配当。絶対損しないから保険を解約して投資しろ。大丈夫だから」と、ネックレスなどを購入するよう繰り返し勧誘された。
事業の先行きを尋ねると、ある社員は消費者庁OBらの名前を出して「これだけの偉い人が会社にいるのに潰れるはずがない」と話した。

同年に神奈川県内であった別のセミナーでは、山口元会長がある招待状を得意げに紹介し、会場のスクリーンにも大写しにされた。
安倍首相(当時)から届いたという「桜を見る会」の招待状だった。政財界の著名人の写真入りのチラシも見せ、
「お年寄りのためにとてもいい事業をしていると加藤(勝信)厚生労働相(当時)にほめられましたよ」とも語っていた。

女性は、生命保険や2人の孫の教育費にするつもりだった学資保険、証券、老後の預貯金などあらゆる積み立てを次々に解約した。
10回にわたって、磁気ベストやベルトなどあらゆる商材に約8000万円をつぎ込んだ。「そうそうたる政界トップの名前に信用が増した」と振り返る。

闘病生活をしていた夫からは出資を心配され、「解約できたかい」と尋ねられたが、「大丈夫。解約したわ」とうそを言って安心させていた。
夫は20年1月に亡くなったが、葬儀費用を賄えず、子どもたちに借りた。

女性がこれまでに受け取った「配当」は100万円にも満たないという。ストレスから不眠と高血圧で病院通いが続く。
「歴史的な悪徳商法のせいで、踏んだり蹴ったりの生活になってしまった。山口元会長には命あるうちにお金を返し、罪を償ってほしい」
と絞り出すように悔しさを語った。


契約した磁気ネックレス(左奥)や、セミナーで配られた安倍晋三前首相や加藤勝信官房長官の写真入りチラシを見ながら
「生きているうちにお金を返して」と声を絞り出す女性=神奈川県内で2020年5月21日 

80yy0f0wf

【【詐欺】ジャパンライフに8000万円投じた女性「安倍首相らが広告塔なので信用してしまった。踏んだり蹴ったりの生活になった」】の続きを読む

808345

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599641479/

1: ばーど ★ 2020/09/09(水) 17:51:19.73 ID:hXaGtkC99
「ドコモ口座」を開設していないのにもかかわらず、銀行の預金30万円を不正に引き出された宮城県内の女性が、NHKの取材に応じました。女性は「銀行やドコモにも被害を信じてもらえず、憤りを感じた」と話し、被害金額の補償を求めています。

宮城県内に住み、七十七銀行を利用する30代の女性は9日、NHKの取材に応じ、被害の状況について語りました。

被害にあったのは今月1日で、身に覚えのない出金がおよそ1分間のうちに4回立て続けに引き出され、それぞれ10万円、9万円、9万円、2万円の合わせて30万円の被害を受けたということです。

女性は今月2日に、口座の残高を銀行のアプリで確認して被害に気付いたということで、いずれも入金先はカタカナで「ドコモコウザ」と記録されていました。

女性は他社のスマートフォンを使っていて「ドコモ口座」のサービスは利用していませんでした。

女性が気付かないうちに何者かが「ドコモ口座」を登録し、悪用したとみられています。

女性は「ドコモ口座の存在も知らず、訳が分からないと思った。すごい技術のハッカーの仕業かと思った」と話していました。

女性は被害に気付いた翌日に銀行に口座の凍結などを求めましたが、銀行は当初、対応せず、同様の被害が相次いだあとに、凍結の手続きや調査の報告などをするようになったということです。

また、NTTドコモにも問い合わせ先に電話したり、ドコモショップに行ったりしたものの「ドコモとは関係ない」と言われて対応を拒否されたということです。

警察署にも行きましたが「どういう犯罪にあたるかわからない」と言われ、被害届は出せず、相談として受け付けられたということです。

女性は「最初、銀行やドコモには私が不正や不備をしたように疑われ、信じてもらえないことに憤りを感じました。本人の確認もなくお金をうつせる制度はやめてほしいです。両者にはちゃんとした調査と誠意ある対応を求めたいですし、お金を全額補償してほしい」と話していました。

2020年9月9日 17時10分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200909/k10012609061000.html 

【【ドコモ口座不正出金事件】被害者「信じてもらえなかった。全額補償して欲しい」…銀行は口座凍結に応じず、ドコモには「関係ない」と拒否される】の続きを読む

maxresdefault (3)

https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1594637813/

1: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 19:56:53.91 ID:75RuIRjI0
どうやって信じさせるねん

【1年前に戻って「謎のウイルスのせいでオリンピックは延期」って伝えるミッション】の続きを読む

san_afr2003310022view_thum800

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1585618640/

1: ばーど ★ 2020/03/31(火) 10:37:20.56 ID:9QZpefh39
 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者=当時(72)=の人工呼吸器を外し殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手西山美香さん(40)の再審公判で、大津地裁(大西直樹裁判長)は31日、無罪判決を言い渡した。

 再審公判で、検察側は求刑せず、弁護側は、殺害を認めたとする自白は「うそであることは明白」などと訴えていた。

 西山さんは、滋賀県警に「呼吸器のチューブを外した」と自白し逮捕、起訴された。05年に大津地裁は懲役12年の判決を言い渡し、確定した。

 だが17年、大阪高裁は「患者が自然死した可能性がある」と再審開始を決定、確定した。

2020/3/31 10:33 (JST)
https://this.kiji.is/617532462473036897?c=39550187727945729

【【冤罪】滋賀の病院患者死亡 人工呼吸器を外し殺害したとした元看護助手に再審無罪判決】の続きを読む

このページのトップヘ