もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

漫画・アニメ

EGTolwcI

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1597487599/

1: muffin ★ 2020/08/15(土) 19:33:19.68 ID:CAP_USER9
https://www.tokyo-np.co.jp/article/49096?rct=entertainment
2020年8月15日

民間人の登場人物が戦火に巻き込まれ、容赦なく死んでいく-。一九七九年に始まったテレビアニメ「機動戦士ガンダム」は戦争の描写にリアリズムを持ち込んだ。社会現象になった作品の生みの親は、原作や総監督などの富野由悠季(よしゆき)(78)とキャラクターデザインの安彦(やすひこ)良和(72)。終戦七十五年の節目、ガンダム世代に深い影響を与える二人のクリエーターが「戦争」を語った。 (聞き手・原田晋也)

次の企画を考え始めているが、「戦争論」が分からないと書けないな、ということが分かってきた。

アニメ界は(女子高生による戦車を用いた武道を描く)「ガールズ&パンツァー」や(軍艦を少女に見立てた)「艦これ(艦隊これくしょん)」のような物語が出てくるようになった。エンタメだからと認めている部分もあるが、これでいいのかとも思う。われわれの世代としては「戦争はそんなふうに扱うものではないのでは」という気がして、気持ちがいいものではない。

最近では「この世界の片隅に」は希有(けう)な作品だった。自宅近くの畑から戦艦大和が見えるという距離感、市民生活と軍があれだけ密着していたことを市民の目から描いていた。そういう作品を僕は他に知らない。
中略

ミリタリー(軍事)というのは、半分くらいは一般人の考える「かっこいいもの」で妄想。でも、かっこいいことなんて一切ない。戦争はやっぱりあっちゃいけない。しかし、戦争に憧れる人類の妄想があるために、戦争がなくならないという不幸な現象がある。
 次の企画に戦争は出てこないが、戦艦大和は出てくる。形にできるか分からないけど。 (談)

<とみの・よしゆき> 1941年、神奈川県小田原市生まれ。「ガンダム」のほか「聖戦士ダンバイン」などで総監督を務め、小説家としても作品の原作など著書多数。展覧会「富野由悠季の世界」が昨年から全国巡回中。静岡県立美術館(9月19日から)など。

全文はソースをご覧ください

https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/3/a/e/c/3aec31cb0df82f9256aad1682218e2de_1.jpg

【【富野由悠季】ガンダムの「生みの親」が語る戦争「ミリタリーは妄想、かっこよくない」「ガルパンや艦これ…これでいいのかと」】の続きを読む

thumb_19687d6f-2573-4693-9bf6-1233ed742229

https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1594689715/

1: 名無しさん必死だな 2020/07/14(火) 10:21:55.53 ID:X4YAbc4f0
どーすんのこれ

【【悲報】「鬼滅」が終わって、「進撃」まで終わったらマジで見るマンガない】の続きを読む

chou-ojiisan-330x220

https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1594468437/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/11(土) 20:53:57.098 ID:7BQBw/zj0
あんなキチガイ作り込みする根気のある人間いないじゃん

【宮崎駿レベルの監督って日本に今後現れないよな?】の続きを読む

nt_200119_wani_icon_4
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1584857656/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/22(日) 15:14:16.111 ID:4/wX0FoXd
悪かった順に3つ選べる?

①絵が下手で話が稚拙なところ

②ワニが死んだと同時に物販が開始されたところ

③電通と繋がっていたらしいというところ

④様々な媒体で別垢同一コメント投稿等のステマがなされていたところ

⑤物販の種類が多く コロナの影響を受けずに全てが販売されたところ

⑥最終回が4コマではなかったところ

⑦作者がテレビに出たり露出が多いところ

⑧友人の死をネタに金を稼ごうとしたところ

⑨無料で漫画を公開しておきながら最後に急に金儲けにはしったところ

⑩その他

【【不寛容】ワニ問題って過剰に叩かれすぎて意味わからんことになってるから一度論点を整理しよう】の続きを読む

img_f84df4e5cbbc588e2b140c444d24ed41814404

1: 靄々 ★ 2020/03/01(日) 10:53:32.80 ID:G3pnDyxg9
名作アニメ「AKIRA」の看板、京大に出現 東京五輪「中止だ中止!」完全再現

 京都市左京区の京都大前に29日、「東京オリンピック開催迄(まで)あと147日」の巨大看板が登場した。人気アニメ映画「AKIRA」作中に登場する看板を再現して学生らが設置したものとみられ、ネット上で話題になっている。

 1988年に公開された同作は、2020年のオリンピック開催を控えた「ネオ東京」が舞台。独特の世界観と当時最先端の技術を投入した映像でヒット作となった。偶然にも現実の東京で同年の五輪開催が決定し、約30年前に「予言」していた同作が改めて注目を集めている。
 29日は、開会式当日を含めて数えた場合に開催まで147日となる日。京大前に設置された看板には、アニメ作中と同様に「反対」のビラが多数貼り付けられ、「中止だ中止!」「粉砕」などの落書きがされている。アニメにはない「コロナ」の張り紙もあった。

 京大周辺の名物だった立て看板を巡っては、京都市が12年度から京大に法令違反を是正するよう指導。京大は、キャンパス周辺での立て看板を禁じ、設置を学内の指定場所に限定する新ルールを2018年5月から適用している。

アニメ「AKIRA」を再現し設置された看板(京都市左京区・京都大)
img_6b8b47bcd27da4d8aa32336453fe4e87844749

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/174561
2020年2月29日 19:12 京都新聞

【【京都】名作アニメ「AKIRA」の看板、京大に出現 東京五輪「中止だ中止!」完全再現】の続きを読む

このページのトップヘ