もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

野球

5c63e4ab260000d401fdd3ff

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1603747818/

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/10/27(火) 06:30:18.67 ID:CAP_USER9
◆2020年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日)

 元メジャーリーガーでBC埼玉武蔵の田沢純一投手(34)は、まさかの指名漏れとなった。田沢が指名されなかったことについて、あるスカウトは「ドラフト会議の正式名称は、新人選手選択会議。実績は十分だが、彼を獲得することはドラフトの趣旨に反するように感じた」と話した。

 ドラフトには、チーム内の新陳代謝を促す働きがあるという。そのため「大事な1枠を34歳の選手に使うのはもったいない、というのが正直なところ。彼には代理人がいるし、条件面でも折り合わないリスクがあった」との見解を示した。

 ◆田沢 純一(たざわ・じゅんいち)1986年6月6日、横浜市生まれ。34歳。横浜商大高から新日本石油ENEOSを経て2008年12月にレッドソックスと契約。09年にメジャーデビューし、13年には上原とともにワールドシリーズ制覇に貢献。今年3月にレッズを自由契約となり、7月にBC埼玉武蔵に入団。BCリーグでは16登板で2勝0敗、防御率3・94。180センチ、90キロ。右投右打。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8eac6e615bba48c4fb0d267684088415c97e7ed9
10/27(火) 6:00配信

【【ドラフト】田沢ルールは撤廃されたのに田沢純一は指名漏れ…あるスカウト「代理人がいるし、条件面でも折り合わないリスクがあった」】の続きを読む

okoe

https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1593486578/

1: 名無し募集中。。。 2020/06/30(火) 12:09:38.45 0
「肌の色」、オコエ瑠偉選手の叫び

少年野球時代、試合前の整列時に相手チームから黒人だ、外国人だといわれ、心にさらに深手を負った。
高校時代も、大人たちから甲子園に黒人は出るな、など「心ない言葉」を投げ付けられた。

 「俺の中の心は無(な)いようなものだった」

 多感な少年時代、無節操かつ、無神経な言葉の数々を浴び続けたオコエ選手の心情は、察して余りある。

日本でこうした人々への配慮は十分とは言い難い。
肌の色、環境の違いで他者を判断することは恥ずべきだと思う。

https://www.sankei.com/column/news/200630/clm2006300004-n1.html

【「甲子園に黒人は出るなと言われた」オコエ瑠偉が受けた人種差別】の続きを読む

44f447c7

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564524270/


1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/31(水) 07:04:30.85 ID:xsdV5TeC9
ひじを傷めたプロ野球選手が行うことで知られる「トミー・ジョン手術」、じん帯を切除して行う大手術ですが、この手術を行う病院を取材したところ、手術を受けたおよそ4割が高校生以下の子どもで、中には小学生もいることが分かりました。医師は「予防すれば必要のない手術であり、野球の指導者の意識を変える必要がある」と話しています。

群馬県館林市にある慶友整形外科病院は「トミー・ジョン手術」を行う国内でも有数の病院で、これまでプロ野球選手を含めおよそ1200件の手術を行っています。

このうち、10年以上にわたって600件以上の手術を行ってきた古島弘三医師が、担当した患者を分析したところ、高校生以下の子どもがおよそ4割を占め、中には小学生もいたことが分かりました。

トミー・ジョン手術はひじのじん帯を切除し、ほかの部分のけんを移植するもので、手術を受けた子どもの多くは投球できない状態になっていて、手術以外に回復する方法がなかったケースが多いということです。

古島医師は「骨ができあがっていない子どもの時期に休まずに投げすぎることで、ひじを傷めるリスクがどんどん高くなる。予防をすれば必要のない手術であり、指導者が絶対にけがをさせないというように意識を変える必要がある」と話しています。

■手術を受ける高校生「ほぼ1人で投げていた」

強豪校に通う16歳の高校1年生の投手は、近く、トミー・ジョン手術を受けることになりました。

ひじに痛みを感じるようになったのは小学生の時で、中学校に入ると1試合で100球ほど1か月では合わせて試合で800球ほど投げることがあり、強い痛みを感じることも出てきました。

高校に入ると痛みはさらにひどくなり、病院の検査でひじの内側のじん帯についている骨がはがれていることが分かり手術が決まりました。

この投手は「中学では代わりのピッチャーがいないため、大会も練習試合もほぼ1人で投げていたことが原因だと思う」と話していました。

手術を行う古島医師によると、野球関連の新規患者が年間におよそ800人訪れますが、そのおよそ4分の3が高校生以下の子どもで、「小中学生は骨が弱いので球数を投げていなくてもひじを傷める。また痛くないと言っても、検査をするとひじの骨が変形していることがたくさんある。将来を考えると痛みがなくても1回は検査を受けてほしい」と話しています。
検査した小学生の28% “ひじを傷める”
古島医師がことし1月、野球チームに所属している小学生289人のひじの状態を検査した結果、過去にひじを傷めたり、現在ひじを傷めたりしている選手は89人で28%に上りました。

また、病院がある高校の野球選手60人を調べたところ、39人が小中学校でひじを傷めた経験がありこのうち半数近くが高校でもひじを傷めていました。

一方、小中学校でひじを傷めた経験のないのは21人で、このうち高校でひじを傷めたのは2人にとどまりました。

古島医師は小中学校の間、ひじを傷めない環境づくりが長くプレーをしていくうえで必要だとしていて、「多いのは上手な選手が試合に出続けて、けがをするパターン。子どもの時に勝ちにこだわった指導をしているかぎりひじを傷める選手は減らない」と話しています。

2019年7月31日 5時38分野球
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190731/k10012014821000.html

【日本でのトミー・ジョン手術、4割が高校生以下 中には小学生も】の続きを読む

fkwoafkopekfoapkfop

http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1561974984/

1: 風吹けば名無し 2019/07/01(月) 18:56:24.53 ID:v1qo9MaEM
流れ来てるな

【【朗報】立浪民主党に一度くらい政権を任せてみようという機運がガチで高まる】の続きを読む

このページのトップヘ