もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

2020年09月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20200628-00010016-encount-000-1-view

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1601183554/

1: Time Traveler ★ 2020/09/27(日) 14:12:34.07 ID:CAP_USER9
 女優の竹内結子さん(享年40)の急死で、前夫・歌舞伎役者の中村獅童(48)のインスタグラムに心無いコメントが殺到している。

 獅童は2005年に映画「いま、会いにゆきます」で共演した竹内さんと結婚。11月に長男が誕生したが、08年に離婚した。その後、15年に現在の夫人と再婚し、17年12月には第1子の男児、今年6月に第2子の男児が誕生した。

 獅童は自身のインスタグラムを竹内さんの亡くなる前日の26日に更新。次男の笑顔の写真を投稿していたが、そこに「無神経すぎる」「竹内結子さんや、前のお子さんも、これぐらい大事にして欲しかった」などと非難するコメントが寄せられた。また、これらの発言に自制を求める意見も多数投稿され、コメント欄が荒れた状態となった。

 家族思いの投稿が思わぬ誹謗中傷を呼んでしまった、獅童の胸中は――。

2020年09月27日 13時49分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2223810/

【急死した竹内結子さんの前夫、中村獅童のインスタグラムに心無いコメントが殺到】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
8ef650ba

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600917321/

1: 蚤の市 ★ 2020/09/24(木) 12:15:21.55 ID:1iSu2gut9
 厚生労働省は24日、新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めが、23日時点で見込みも含めて6万439人になったと明らかにした。

共同通信 2020/9/24 10:06 (JST)
https://this.kiji.is/681668320898794593?c=39550187727945729


【【生活苦】「コロナ解雇」が9月23日時点で6万人超に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20200717181431dde

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600787729/

1: WATeR ★ 2020/09/23(水) 00:15:29.77 ID:re3A7Lmo9
 震災や原発事故の教訓を伝える目的で福島県双葉町に20日に開館した「東日本大震災・原子力災害伝承館」が、館内で活動する語り部が話す内容について「特定の団体」の批判などをしないよう求めていることが関係者への取材でわかった。県などによると、国や東京電力も対象だといい、語り部から戸惑いの声があがっている。

 伝承館は、東京電力福島第一原発事故による避難指示が一部で解除されたばかりの双葉町に福島県が建設した。各地で収集された24万点の資料から150点あまりを展示する。収集費などを含む計53億円の事業費は国が実質全て負担した。国の職員も出向する公益財団法人「福島イノベーション・コースト構想推進機構」が管理、運営する。

 語り部は養成講座の参加者や経験者から選び、現在29人を登録。日替わりで配置され、原発事故で長引く避難生活や津波で自宅を失った経験などについて語る。1回の口演につき最長1時間ほどで、1回あたり3500円が支払われる。

AS20200922001280_comm

https://www.asahi.com/articles/ASN9Q63FQN9CUGTB00H.html
つづきは会員記事です

【【原発事故】「東日本大震災・原子力災害伝承館」、国や東電の批判がNGに 語り部に要求、原稿添削も】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
s20s0

https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1600723156/

1: 風吹けば名無し 2020/09/22(火) 06:19:16.98 ID:Gg+NgyCE0
なにがおもろかったんや

【小梅太夫「~かと思ったら~でしたー」10年前のお前ら「ギャハハハハハ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
100thum46

【「100日後に改心するネトウヨ」46日目】の続きを読む

このページのトップヘ