もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

社会ニュース

    このエントリーをはてなブックマークに追加
395960

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1609418622/

1: 江ノ島 ★ 2020/12/31(木) 21:43:42.82 ID:T8ms40EA9
 毎年、カウントダウンを楽しむ人でにぎわう東京・渋谷。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため鉄道各社が終夜の運転を取りやめ、区長が渋谷に集まらないよう呼びかけるなどしていたが、31日も若者を中心に多くの人の姿があった。

 あたりが暗くなってきた午後5時。この日、東京都では、1日あたりで確認された感染者数が1300人を超え、過去最多を更新したことが判明。ただ、渋谷駅前のハチ公前広場は、待ち合わせをする人たちでにぎわっていた。
 都内に住む会社員の男性(24)は、大学時代の友人と2人で居酒屋に向かうという。社会人になって初めて年末年始に休みがとれたが、東京で感染者が増えている状況をみて山形の実家への帰省はやめた。「何もしないのも寂しいから」と渋谷に来たという。「人の少ない店を選んだし、2人で気をつけて会食すれば大丈夫でしょ」

 渋谷区の長谷部健区長は大みそかに先立ち、区の公式HPで「ステイホームで年越しをお迎え下さい」というメッセージを公表。区が主催者として名を連ねていたスクランブル交差点周辺での年末カウントダウンイベントも中止を決めた。交差点を囲む大型ビジョンを管理する会社に対し、31日午後11時に広告映像を停止するよう要請していた。

 神奈川県内の大学に通う女性(21)は「カウントダウンイベントがある居酒屋で朝まで過ごします」と話した。全国的な感染状況については、「怖くないことはないけど、議員さんだって大人数で飲んでるから。若者だけ制限される意味が分からない」と話す。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASND072QHND0UTIL014.html

【若者「議員も大人数で飲んでるのに若者だけ制限される意味が分からない」大晦日に賑わう渋谷】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3vszZvWQ83u6XOH1607421477

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1607261399/

1: 七波羅探題 ★ 2020/12/06(日) 22:29:59.15 ID:lQqXOn169
群馬県草津町議会の新井祥子町議(51)の言動を巡る解職請求(リコール)の賛否を問う住民投票は6日、投開票され、有効投票の過半数が解職に賛成しリコールが成立した。新井氏は即日失職した。投票53・66%、当日有権者数は5283人だった。

新井氏を巡っては、昨年11月に発行された電子書籍の中で「町長室で町長と性的関係を持った」などと「告白」。新井氏は翌12月の町議会で「議会の品位を傷つけた」などとして除名処分を受けたが、山本一太知事に不服を申し立て、今年8月に審決で除名処分が取り消されていた。

 複数の町議らが加わった代表者が9月に住民投票に必要な選挙人名簿登録者数の3分の1超の3180人分の署名を町選挙管理委員会に提出。代表者は「町民皆で築き上げた草津温泉のブランド価値を傷つけた。議員報酬が支払われ続けることは無駄遣い」などとリコールの理由を述べていた。

 これに対し、新井氏は「町の評価やブランドを下げているのは、町長や解職請求をした議員の方。リコール活動は町民の自発的な運動であり、町長や議員など権力者主導のリコール運動はその理念から外れている」などと反論していた。

https://mainichi.jp/articles/20201206/k00/00m/010/187000c
毎日新聞2020年12月6日 22時10分

【【群馬】草津町議のリコール成立、即日失職 セクハラ告発が「議会の品位を傷つけた」として】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-12-21_21h52_32

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603400001/

1: トモハアリ ★ 2020/10/23(金) 05:53:21.12 ID:vUVPKgwx9
「GoToトラベル事務局」の事務経費を巡って、国から事務局に高額の日当が支払われていた問題が波紋を広げるなか、同事務局がスタッフに対し、「情報統制」を求める指示を出していたことが、「週刊文春」が入手した内部文書でわかった。

 内部文書は、10月14日付で、GoToトラベル事務局長からコンソーシャム4社の担当者宛てに出された〈コンソーシャム4社におけるマスコミ(『週刊文春』)対応について〉というもの。

 コンソーシャム4社とは、業界最大手のJTBを筆頭に、近畿日本ツーリストを傘下に置くKNT-CTホールディングス、日本旅行、東武トップツアーズという大手旅行代理店4社を指している。この4社の社員が、東京の統括事務局をはじめ、各都道府県の地方事務局に出向している形だ。

「週刊文春」は10月14日夕方、各社約4万円の日当を受け取っていながら、事務局の業務をほぼしていない出向社員が多いことなどを「スクープ速報」で報じた。

 大手旅行代理店社員のAさんが明かす。

「週刊文春の報道を受け、11月から人員が半減されることが急遽発表されました。また、スタッフにはメディアの取材を受けないよう箝口令を敷く文書が回ったのです」

 文書には、〈各社への要望事項〉として、以下のようなことが記されている。

〈情報統制 各社本社・支店並びに地方事務局社員に対してマスコミからの取材についてはノーコメントとし、今後のGoToトラベル及び事務局に対する取材については広報室が対応いたします。〉

 GoToトラベル事務局に「情報統制」文書の存在について確認を求めたところ、以下のように回答した。

「組織内部の文書に関する質問への回答は差し控えます」

 元会計検査院局長で日本大学客員教授の有川博氏はこう指摘する。

「事務局の実態について情報開示せず箝口令を敷くことは、委託費用とは名ばかりの“ヤミ雇用調整助成金”であることを行動で示すに等しい。口をつぐむほど疑念は深まり、会計検査の必要性が高まります。内部統制を語るなら、まず国交省が説明責任を果たすべきです」

 高額日当問題に続いて明るみに出た、GoToトラベル事務局の「情報統制」。巨額の税金が投入されている事業なだけに、透明性と説明責任を求める声が一層高まりそうだ。

 10月22日(木)発売の「週刊文春」では、「情報統制」文書が出された経緯のほか、GoToトラベル事務局の杜撰な運営ぶり、JTBからの出向社員が要職を占める組織体制図、JTBが約26億円分受注した「GoToイート事業」などについて、詳報している。

2020/10/21
週刊文春 2020年10月29日号
https://bunshun.jp/articles/-/40999

出向社員の人件費(日額)
システムプロジェクトマネージャー:69,800円(5人)
事務局長・事務所長:69,800円(59人)
部長級:55,300円(213人)
課長級:48,700円(2,315人)
係長級:40,600円(2,522人)
係員級:32,700円(1,251人)
派遣・契約社員:27,900円(572人)

【【文春】高額日当問題 GoToトラベル事務局の「情報統制」要求文書を入手-日当を受け取っていながら業務をほぼしていない出向社員多数】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
29b0ffbb

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602479591/

1: ばーど ★ 2020/10/12(月) 14:13:11.55 ID:SXLCsZgL9
 加藤勝信官房長官は12日午前の記者会見で、中国政府が海外の研究者や技術者を知的財産窃取のためのスパイとして活用しているとされる通称「千人計画」と日本学術会議との関係について「同会議として多国間、2国間の枠組みを通じた学術交流を行っているが、中国の『千人計画』を支援する学術交流事業を行っているとは承知していない」と述べた。

2020.10.12 12:59 産経
https://www.sankei.com/smp/politics/news/201012/plt2010120004-s1.html

【加藤官房長官、甘利氏らが主張した「日本学術会議は中国『千人計画』を支援している」論を否定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2019013000031_1

https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1602111587/

1: クロ ★ 2020/10/08(木) 07:59:47.50 ID:CAP_USER9
 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が7日夜、ツイッターに新規投稿。日本学術会議の新会員6人の任命拒否について菅義偉首相が説明した内容に対して「納得感がない」と指摘し、「理由が説明できないなら間違いを認めるべき」と訴えた。

 橋下氏は「日本学術会議問題。総理に任命拒否権があるにせよ、今回の拒否理由には納得感がない。外形的には政権批判者が拒否されたように見える」と見解をつづった。その上で、同氏は「そうでないならその理由をきちんと説明すべきで、理由が説明できないなら素早く間違いを認めるべき」と提言した。

 菅首相は内閣記者会から拒否理由を問われて「総合的、俯瞰的な活動を確保する観点から、今回の任命についても判断した」などと説明したが、「回答になっていない」「問題の核心をずらしている」といった指摘がネット上でも相次いだ。

デイリー
2020.10.08(Thu)
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/10/08/0013765122.shtml

【【橋下徹氏】菅首相の拒否理由に「納得感がない」「説明できないなら間違いを認めるべき」】の続きを読む

このページのトップヘ