もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

やりがい搾取

    このエントリーをはてなブックマークに追加
d7e8c94a24296cc128a5902154ebaf18ff02b188 (1)

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635898227/

1: 蚤の市 ★ 2021/11/03(水) 09:10:27.84 ID:Fc/Ga++D9
 人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」の運営会社(兵庫県三田市)が、社員らに「過労死ライン」を超える月100時間超の時間外労働をさせていたとして、今年までの3年間に2度にわたって、伊丹労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けていたことがわかった。1度目の勧告を受けた後、改善していなかった。労基署は長時間労働が常態化していたとみている。

洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市で)
 勧告は1月14日付と2018年1月15日付。

 同社の説明によると、同社は、労使の合意に基づき、時間外労働を「月100時間未満」と定めていた。しかし、18年の是正勧告で、製造や販売などに携わる社員ら約100人のうち、半数超の55人が100時間を超える時間外労働をしていたと認定された。その後も改善しなかったとして、今年1月に2度目の是正勧告を受けたという。

 また、同社では、社員ごとに労働時間を定め、固定残業代を支払った上で、所定の労働時間を超えた分を別に支払う仕組みだった。しかし、一部の社員に超過分を払っていなかったという。

 同社広報室は取材に事実関係を認め、「1度目の勧告の後、担当した社員が退職し、是正勧告について社内で共有されなかった。今は改善している」と釈明。2度目の勧告に対する改善報告書を現在作成中で、労使協定の内容を見直し、未払い残業代について、労基法に基づき、過去2年分を今後支払うとしている。


 同社は、1990年代にテレビのコンテスト番組で活躍した代表取締役の小山進氏(57)が、99年に有限会社として設立。2011年に株式会社化された。小山氏は、世界的なチョコレートの品評会で最高位に輝いたこともある有名パティシエで、ロールケーキ「小山ロール」で知られる。三田市にある店舗のほか、ネットでも販売している。

 同社によると、現在の社員と契約社員は計約110人。19年8月期の売上額は約20億円だったが、コロナ禍で20年8月期は約1割落ち込んだという。

 小山氏は「手作りへのこだわりが評価され、魅力を感じてやる気のある人材が集まっていた。だからといって法律に違反していいわけではなく、反省している。今後働き方の改善を進める」と話した。

 ◆ 時間外労働 =労働基準法で定められた「1日8時間週40時間」を超えた労働。労使協定(36協定)を締結すれば「月45時間、年360時間」を上限に認められ、労使が特別条項に合意した場合、年6か月以内に限り「月100時間未満」まで延長できる。ただし、年間720時間を超えてはならない。厚生労働省は、脳や心臓の病気で過労死として労災認定される目安を「発症前1か月に時間外労働がおおむね100時間」としており、「過労死ライン」と呼ばれる。

「パティシエ次々辞める」
 「若いパティシエが使い捨てのように扱われ、次々辞めている」。従業員の一人が、読売新聞の取材に同社の労働実態を打ち明けた。

 同社の製造部門では「 LINEライン 」のグループチャットで、出退勤時刻を管理職と共有する仕組みだった。従業員のLINEの履歴によると、従業員は昨年のクリスマス前、午前4時頃から午後9時頃まで働くこともあった。3日しか休みがない月や、時間外労働が200時間を超える月もあり、月の時間外労働が300時間を超える人もいたという。

 従業員は「みんな疲弊していたが、会社は『嫌ならやめればいい』という雰囲気で、声を上げられなかった」と言い、心身の調子を崩して入社後数か月で退職する社員もいたという。

 従業員は「みんな小山さんに憧れて入社した。ボロボロになっていく姿を見るのはつらい」と訴えた。

「一人前になるまでは修業」の意識根強く
 総合サポートユニオン(東京)の池田一慶執行委員の話「社員の意欲を利用して、長時間労働やサービス残業をさせる行為は『やりがい搾取』と呼ばれる。飲食業界は、労使ともに『一人前になるまでは修業』という意識が根強く、違法労働が横行している恐れがある。長時間労働は命にかかわり、意識を変えるべきだ」

読売新聞 2021/11/03 09:00
https://www.yomiuri.co.jp/national/20211103-OYT1T50061/

【人気洋菓子店で「やりがい搾取」、残業100時間超が常態化…超過分未払いも】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Amer-B_C3_A9ton-film (1)

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571390211/

1: ばーど ★ 2019/10/18(金) 18:16:51.93 ID:jJKi4fK79
 アニメ映画「鉄コン筋クリート」や「海獣の子供」などを手掛けるアニメ制作大手「STUDIO4℃」(東京)の男性社員(25)が18日、裁量労働制が違法に適用され残業代が支払われなかったとして、同社を相手に未払いの残業代約285万円などの支払いを求め、東京地裁に提訴した。

 男性と、加入するブラック企業ユニオンが同日、都内で記者会見した。訴状などによると、男性は制作スケジュールや動画の管理を担当。関わった「海獣の子供」が完成間近の今年3月には残業時間が100時間を超えた。

 会社側は「提訴内容を確認していないのでコメントできない」としている。

2019/10/18 17:38 (JST)
https://this.kiji.is/557845548157617249

【【裁量労働制】男性社員(25)が残業代285万円求め アニメ会社を提訴…「鉄コン筋クリート」「海獣の子供」のSTUDIO4℃】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Screenshot-2
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561002107/

1: ばーど ★ 2019/06/20(木) 12:41:47.15 ID:cXV2yMZ39
【アヌシーAFP=時事】低賃金、長時間労働、深刻なアーティスト不足──かつてないほど世界中で高まる人気に活気づく日本のアニメ業界が今、危機に陥っている。(写真は仏アヌシー国際アニメーション映画祭の会場でAFPの取材に応じる映画プロデューサーの西村義明氏)
 フランスで今月15日に閉幕した世界で最も重要なアニメの映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭では、長編映画の最優秀賞候補に日本の3作品がノミネートされた。多くの人手を要するアニメ産業において、米ハリウッドに真に太刀打ちできる国は日本のみだ。
 しかし、『君の名は。』の大ヒットや任天堂の人気ゲームシリーズ「スーパーマリオブラザーズ」の映画化計画によって日本のアニメ業界が米ディズニーやピクサーの牙城を脅かしそうな状況である一方、業界内にはびこる構造的な問題は日本のアニメ台頭を阻む危険性もはらんでいる。

 ■燃え尽きる創造性
 タレント不足の心配についていえば、スタジオジブリの設立者で日本アニメ界最大のスターでもある宮崎駿氏(78)が引退宣言を撤回し、新作『君たちはどう生きるか』の制作を発表しており、今後の状況次第ではもう1作品手掛けるかもしれないとの臆測も広がっている。
 だが、米アカデミー賞にノミネートされたジブリ作品『かぐや姫の物語』のプロデューサーを務めた西村義明氏は、現在日本のアニメ業界はアニメーター不足や劣悪な労働条件に加え、創造性の欠如のような状況にも直面していると語る。
 また、業界内からも低賃金や才能ある若者の不足、しばしば1日12~18時間に及ぶ長時間労働により燃え尽きてしまう制作者たちの境遇を嘆く声が聞こえてくる。
 作品『百日紅(さるすべり)』で4年前のアヌシー国際アニメーション映画祭で審査員賞を獲得し、今年も同映画祭で新作『バースデー・ワンダーランド』を発表した新鋭の原恵一監督は、日本のアニメ業界最大の問題は若いアニメーターがいないことだと指摘している。
 またアヌシー映画祭で作品『海獣の子供』を発表した渡辺歩監督は、手描きできちんと描けるアニメーターがどんどんいなくなって映像が標準化してしまい、オリジナリティーがなくなってきていると懸念している。

 ■業界の二極化
 『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『時をかける少女』などの作品で知られる巨匠、細田守氏でさえも、比較的小規模な制作チームで作業を進めるために過酷な長時間拘束を強いられていると昨年のAFPとのインタビューで語っている。
 渡辺氏は日本のアニメ業界が二極化していると指摘する。一方は大勢のアニメーターを集めることができる大手プロダクション、もう一方は低予算でより芸術性の高い作品づくりを目指す制作方式だ。
 さらにその一方で、ハリウッドでは『君の名は。』の実写版やドラマ『電車男』のリメークの制作が進んでいる。アニメに夢中な若者を主人公とした『電車男』はこれまでの世界的なメインストリームにはなかったジャンルだ。
 フランスのアニメ配給会社ユーロズームの代表であるアメル・ラコンブ氏は、日本のアニメ業界の苦境の理由は業界の急成長にあると指摘し、「われわれは調整の時期にきている」と訴えた。
 ラコンブ氏はさらに、日本政府をはじめ各省庁がアニメの重要性に気付き、「輸出力」としてのアニメの世界的な影響力に注目していると思うとも語った。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2019/06/19-11:05)
https://www.jiji.com/jc/article?k=20190619038757a&g=afp
https://www.jiji.com/news/afpnj/photos/AFP038757_00.pre.jpg

【【クールジャパン】低賃金、長時間労働、人材不足…人気急上昇の裏で危機に陥る日本のアニメ業界】の続きを読む

このページのトップヘ