もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

デマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
138634_01

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614511710/

1: (ヽ´ん`) ★ 2021/02/28(日) 20:28:30.39 ID:TCitUCoY9
EvTMws5U4AQw2ip

https://twitter.com/urushi_japan/status/1365932357392289792
武井俊輔(自民党 宏池会)
@syunsuke_takei
支持政党は別として、このようなコラージュは絶対にいけません。これを鵜呑みにした暴力行為を引き起こしかねず、厳に慎んで頂きたいと思います。
尖閣諸島が疑いのないわが国固有の領土であることは、少なくとも国政政党は全て一致した認識です。

【ネトウヨ「国益を損なってるのはレンポー!(コラ画像)」→武井俊輔議員(自民党 宏池会)「このようなコラージュは絶対にいけません」と警告】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
img_201901_02

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611558763/

1: みつを ★ 2021/01/25(月) 16:12:43.24 ID:0KFPp4lI9
【スクープ】米大統領選挙の不正選挙偽情報、ツイッターの日本人アカウントが大量にツイート 我那覇氏や門田氏など 米コーネル大研究

2021/01/23

https://twitter.com/iikrewjpucko5mb/status/1352907446495272960?s=21

コーネル大学図書館が運営するアーカイブサイトに、米大統領選に関するデマアカウントのデータセットが載ってる
日本からは下記の方などが無事全米デビュー
@ganaha_masako 我那覇真子
@KadotaRyusho 門田隆将
@mei98862477 mei
@yamatogokorous アメリカから見た日本
arxiv.org/abs/2101.08210

EsZ-JhkUYAAQWRg

https://voterfraud2020.io/?page=Explore+The+Dataset

https://twitter.com/iikrewjpucko5mb/status/1352960971682107394?s=21

上位分だけまとめますね

掲載されてる全ランキング。上から順番に
@ganaha_masako 我那覇真子
@KadotaRyusho 門田隆将
@mei98862477 mei
@yamatogokorous アメリカから見た日本
@jack_hikuma Jack Hikuma LA在住(日本人)【gab】@Jack_Hikuma
@kohyu1952 西村幸祐

https://twitter.com/iikrewjpucko5mb/status/1352960974030946305?s=21

@naoyafujiwara 藤原直哉
@sonkoubun 孫向文 FightForTrump
@TrumpTrackerJP トランプ大統領ツイート日本語訳( 解説付き)非公式
@kotamama318 こたママ
@AaronOtsuka アーロン大塚
@NikoNe_san_2525 にこ姉
@Nicole_PaAvenue Nicole_PaAvenue (凍結)

https://twitter.com/iikrewjpucko5mb/status/1352960975838744576?s=21

@o5MeGSOQ1yac5pg 保守の会会長 松山昭彦
@MARILOVEUSA MARILOVEUSA (凍結)
@miya397156651 miya
@David_R_Stanton Ricky_Elwood
@Tomo20309138 Tomo
@ssomurice_local 弓月恵太
@shoetsusato 田舎暮しの唱悦
愛するトランプのために戦った戦士達です、RTしてあげて下さい

【米大統領選挙の不正選挙偽情報、日本人アカウントが大量にツイート 我那覇真子氏や門田隆将氏など 米コーネル大研究】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
83y8r8f0h20

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1610525911/

1: りんごちゃん ★ 2021/01/13(水) 17:18:31.11 ID:HZn1nMJr9
■夕刊フジ編集局のツイートとは?「極左集団が紛れ込んでいる」というネット情報を投稿

「こちら夕刊フジ編集局」のTwitterアカウントは、1月7日に同日付けの紙面を紹介。
アメリカの連邦議会議事堂をトランプ支持者の群集が占拠した事件について「議事堂に侵入したデモ隊について、
トランプ支持者と報じる米メディアが多いですが、ネット上には極左集団が紛れ込んでいるとの情報もあります」と投稿した。

議事堂に侵入した人々について多くのマスメディアが「トランプ支持者」と報じたが、
トランプ支持者のSNS上では「極左団体アンティファが関与している」という真偽不明の情報が出回っていた。

しかし、アメリカの事実検証サイト「ポリティファクト」は、こうした情報は事実ではないと否定している。
検証の結果、「群衆が変装したアンティファの活動家によって潜入または導かれたという信頼できる証拠はない」と断言した。

また、ロイター通信も検証記事を掲載。SNS上に溢れる「デモ参加者はアンティファ」とする写真や動画に登場する人物は、
いずれもアンティファとは無関係だったと報じた。FBIの担当者もアンティファが混じっていたかについて、「現時点では、その兆候はありません」と回答したという。

夕刊フジ編集局のツイートに対しても「どこの誰の情報でしょうか?デマを垂れ流さないで下さい」と批判する声がSNS上で出ていた。

ハフポスト日本版は産経新聞社広報部に、なぜこうしたツイートをしたのか見解を書面で聞いた。
12日付けで「原則として取材や編集に関することにはお答えしておりません」と回答があった。

■「根拠不明なネット情報の拡散に寄与したもので、責任は極めて重大」。専門家が指摘

今回のツイートについて、ファクトチェックの専門家からは批判する声が出ている。
NPO法人ファクトチェック・イニシアティブ事務局長の楊井人文さんは、ハフポスト日本版の取材に次のようにコメントした。


「今回のツイートは『街中でこんな噂が流れています』と検証せずに報道するのと同じで、やってはいけないことです。
『ネット上でこんな情報が流れています』と、留保や説明なしで報じてはいけません。もし取り上げるなら、『ネット上でこんな情報が流れています。
でもそれは根拠不明なので、気をつけてくださいね』と警鐘を鳴らすのがメディアの役割です」

「現在、大統領選にはトランプ氏の主張するような『数々の不正があり、本来はトランプが当選すべきだった』という言説や、
そう示唆する信憑性の極めて低い情報、陰謀論のようなものまで大量に飛び交っています。
夕刊フジのツイートは留保なく、そうした根拠不明なネット情報の拡散に寄与したもので、責任は極めて重大だと思います」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c0520f8a2bcb842843dd0fcdaa9eb2f4359312a

【夕刊フジが根拠不明なネット情報を拡散、「責任は極めて重大」と専門家が指摘】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1605762940/

1: 風吹けば名無し 2020/11/19(木) 14:15:40.30 ID:+i7AkZgN0
愛国伝言ゲーム
h5A3e88

JVlwiRx

hMiWCTM

wjuxYQO


現実
UOEKYoX

【【悲報】ネトウヨさん、伝言ゲームで大失敗してしまう・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20160122143321oiopi

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603010245/

1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/18(日) 17:37:25.96 ID:alLgR+mR9
立憲民主党の蓮舫参院議員が17日付ツイッターで、日本学術会議を巡る情報発信に不正確なものがあることをテーマにした記事に対し、「いい記事です。間違った情報の拡散に関してよく調査されています」と投稿した。

 テレビ番組での発言に事実誤認があったとして謝罪があったケースや、ブログ記事の表現が変更された件を指して、蓮舫氏は「誤情報が指摘された甘利さんも平井さんもご本人が間違いを謝っていませんが、その拡散力は大きかったし、今も流れています」と指摘した。

 「政権擁護で『こうあって欲しい』的な情報こそファクトチェック、確認が必要とよくわかります」と記している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7f9a3c96957bf86a4c7d30257417f3ef0f65a27f

【甘利明議員、「デマ拡散」を全く謝らない。ブログをこっそり修正しただけ】の続きを読む

このページのトップヘ