もえるにほん彡(^)(^)

アジアをとやかく言う前にまずは日本やろ

GoToイート

    このエントリーをはてなブックマークに追加
image (1)

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616026518/

1: ばーど ★ 2021/03/18(木) 09:15:18.07 ID:9DU4j63+9
※KHB東日本放送

宮城県内では新型コロナウイルスの再拡大が加速しています。11日から17日までの1週間に確認された感染者は402人です。

KHBのまとめで、人口10万人当たりでみると宮城は17.43人で東京の15.03人を上回り全国で最も多くなります。

そして、県内の感染者の推移を表したグラフでは急激にリバウンドしているのが分かります。

17日は107人と第3波のピークに迫る数です。仙台市の飲食店などへの時短要請で一旦減少したものの、2月23日の「GoToイート」再開からおよそ3週間で急増したことが分かります。

また2月に時短要請が解除となった後、夜の人出は仙台駅西口で36.2%の増加、青葉区国分町の周辺でも12.6%増加したことが分かりました。

「GoToイート」の再開、そして時短要請の解除が感染のリバウンドにつながったのでしょうか。

厚生労働省クラスター対策班で東北大学の小坂健教授に話を伺いました。

小坂健教授「どの程度影響があるかはなかなかいうのは難しいんですが、やっぱりこの感染症はマスクを外して喋ったりするときに感染するわけです。(飲食店などで)気を付けて食べる分には問題ないんですがやっぱり人間弱いのでお酒を飲んじゃったりしてマスクを外して大声でしゃべるとかそういう事態があるんじゃないか。あるいはそういう話があるというのは具体的に聞いています。いろんな要因が考えられるんですが、時期的に一致しているので「GoToイート」のようなプロモーションが関係しているという可能性はあると思っています」。

上野比呂企アナ「一方で、2月に時短営業要請が解除になった後に仙台駅周辺では人出が4割増えたというデータもありますが、先生はどのように見ていらっしゃいますか」。

小坂健教授「みんなコロナ疲れしてきているし気を付けている人はもうずっと気を付けているんですね。ただやっぱり(時短要請の)解除によってもう大丈夫だというふうに思っている人は中にはいるかもしれないですね。そういうような影響が徐々に出てきていて」。

上野アナ「例えば時短営業をもう1回要請するとかそういったことをお願いしてもおかしくはない状況にもうなっているという認識?」

小坂健教授「全くそうです。もう早急に対策を出して、このままだと何か積極的に対策をとらないとなかなか減らすことはできないと思います。それから対策をとっても1週間から3週間くらい(効果が)見えてくるのに時間がかかるわけですね。そういう意味では対策は早くやると」。

3/17(水) 20:17
https://news.yahoo.co.jp/articles/04ed9f202f30f8218fe627aa74caac1e15b46fef

【宮城県、過去最多の107人感染…専門家「GoToイート再開との関連は、あると思う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
286-1024x576

https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1604484626/

1: クロ ★ 2020/11/04(水) 19:10:26.21 ID:CAP_USER9
 日本学術会議会員の任命拒否問題をめぐり、菅政権や自民党が学術会議のあり方を問題視するなか、立憲民主党は4日の衆院予算委員会で、国から終身年金が支払われる文化功労者のあり方や人選方法を取り上げて、政権を牽制(けんせい)した。

 立憲の本多平直氏は、学術会議とは関係ない話と前置きし、「文化功労者は年350万円を死ぬまでもらえる」と述べ、これにかかる予算額を尋ねた。

 萩生田光一文部科学相は、文化功労者は現在233人に対し、1人あたり年350万円の年金が支払われ、今年度の予算は8億1550万円だと答えた。

 本多氏は「ここ2、3年、大手食品会社やグルメサイト会社も入っている。最近選ばれた人は首相と知り合いだ」と問題視。学術会議の任命拒否に関わっていた杉田和博官房副長官を名指しし、「杉田さんが人を選んでいる」と攻めた。

 菅政権や自民党は、学術会議に10億円の予算が政府から支払われていることから、会員の選び方やあり方を改革しようとしている。本多氏は「学術会議の10億円を言っているが、(文化功労者についても)考えた方がいい」と訴えた。(小林豪)

朝日新聞
2020年11月4日 18時11分
https://www.asahi.com/articles/ASNC45V09NC4UTFK015.html

【ぐるなび会長が生涯年金350万貰える「文化功労者」に 首相と懇意?学術会議よりも不透明な人選】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9dc3834c

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602043955/

1: ばーど ★ 2020/10/07(水) 13:12:35.04 ID:dqx7HdFq9
10月1日から始まった「GoToイート」。コロナ渦で疲弊する飲食店を支援するために行われている施策だが、早くもそのシステムの穴を突いた“錬金術”が流布・横行する事態となっている。

■ターゲットとなった「鳥貴族」

このように、まだ始まって1週間ほどしか経っていないGoToイートだが、問題視されているのは「ポイント付与」のほうのシステム。本来ならばゲットしたポイントを、それ以上の金額が掛かる飲食代の足しにするというのが、想定される至極真っ当な活用法なのだろうが、なんと飲食代を1,000円以下に抑えることで、その差額をガメてしまおうというのだ。

その格好のターゲットになっているのが、大都市圏を中心に展開する格安居酒屋チェーン「鳥貴族」。GoToイートに参加している飲食店を見てみると、だいたいはそれなりの客単価を取る店が多いなかで、ドリンクも含めた全メニューが298円均一の鳥貴族は、ある意味で貴重な存在となっている。

そんな鳥貴族で、例えば298円(税込327円)の料理を1つだけ食べて店を出れば、差し引き673円分の儲けが出ることに。さらに鳥貴族は東京都内だけでも200店舗近くあるので、例えば1日で10店舗回れば6,730円分も儲かるというわけだ。

GoToイート開始直後より囁かれ始めた、これらの「トリキの錬金術」「鳥貴族マラソン」と呼ばれる行為だが、ここに来て実際に試す人間も現れている。

2020年10月6日
https://www.mag2.com/p/money/971257

Ejru4qIUcAAbbBc

【【鳥貴族】GoToイートでセコく稼ぐ「鳥貧民」たちが飲食店の脅威に…救済のはずが苦しめられるシステムに】の続きを読む

このページのトップヘ